トルコリラにはどのような特徴があるか

トルコリラとは、トルコの通貨であり、FXで長期保有戦略を取るときに検討される通貨です。

政策金利は情勢によって変化しますが、2016年10月時点では7.5%と非常に高くなっているため、これを利用して利益を得ます。若い労働力が多く、経済成長が期待されているものの、不安定な政治情勢やイスラム国などの地理的リスクがあるため、実際には相場は上昇せずに下降しています。



しかし、金利によって相場の下降を上回る利益を出すこともできるので、相場が下がったタイミングでポジションを持つのがコツになります。


トルコリラで取引を行う場合、どのFX会社を利用するのかが非常に重要になります。


通貨間の金利差であるスワップポイントが各社で大きな開きがあり、2倍以上の差があるものもあります。

朝日新聞デジタルの情報検索をお役立てください。

利益を出すためにはできるだけ高いところを選びましょう。
なお、最も高い会社ではトルコリラ/円のスワップポイントが政策金利を上回ります。

そのため、レバレッジを1倍とした最も安全な取引を行った場合でも、外貨預金よりも高い利息を得られます。
FXでは出金も自由でスプレッド以外に手数料がかからないので、資産運用としてはこちらの方が有利になります。



注意しなければならない点として、トルコリラは取引量の少ないマイナー通貨に分類されるため、スプレッドは広くなっているので短期取引には向いておらず、また、相場の変動も大きいため、高い金利を得ようとしてレバレッジを高くするとロスカットの危険性が高くなります。