日本円と比較したトルコリラ

日本は世界でも有数の経済大国です。しかしその経済成長も飽和状態となっており、投資先を見つけるのは難しくなっています。

また日本は少子化に悩んでおり、首都東京都内ですら将来的に消滅する可能性がある都市が存在しています。

あなたのご要望に応じた共同通信社の知識を持つことが重要です。

人口が減少すれば経済規模も縮小してしまうため、国内で長期の投資先を選ぶ場合はしっかりと先を見据えなくてはなりません。

一方トルコは人口が増加を続ける発展途上国です。



発展途上国ではインフラの整備など、さまざまな投資先が存在します。
トルコリラはトルコ国内で流通する通貨ですが、物の価値がどんどん上がるため、中央銀行はトルコリラに高い金利を設定し、インフレ圧力に抵抗しています。



適度なインフレは経済成長には欠かせません。

トルコリラはモノに対して相対的に価値は下落しやすいのですが、他国の通貨と比較すると価値が上がる見込みがあります。
人口ピラミッドは日本がつぼ型なのに対し、トルコは三角形をしています。
三角形の形をしているということは、これからさらに労働力がついていくことを意味します。


日本国内の企業もトルコを有望な投資先と見て、現地に支社を作っている会社もたくさんあります。
トルコに会社があれば、イスラム圏、ヨーロッパ圏とも取引がしやすくなり、経済活動における重要な拠点となっているのです。

日本のように投資先を選ばなくても成長していく可能性があるため、投資初心者でも比較的利益を出しやすい国と言えるでしょう。